本日、長崎県手話フォーラムに出席してきました。
基調講演は、鳥取県で手話言語条例の制定に尽力された 鳥取県聴覚障がい者協会 石橋大吾氏でした。

image









制定に向けての活動や、制定してからの活動等の報告があり、草の根運動の視点が大変勉強になりました。
手話は言語であり、聴覚障がい者の方々が生活していくうえで当然でなくてはならないものです。

長崎県も昨年に、「障がいがある人もない人もともに明るく生活できる社会をつくっていく条例」を施
行しました。

今後は、手話は言語との考えから、手話言語条例の制定が島原市、長崎県に必要だと思います。制定に向けて、県議会として頑張ってまいります。

おおば博文facebookページ 
(https://www.facebook.com/profile.php?id=100009084159605) 
続きを読む