ご挨拶  
2015年4月の統一地方選挙ではみなさまの多大なるご支援、ご支持により初当選を果たすことができました。先の選挙戦、多くのみなさまに支えられての当選であったと思います。改めて心よりお礼申し上げます。みなさまの期待に応えるべく、全身全霊で島原市・長崎県が抱える諸問題に取り組んでまいります。
地元 島原市は人口減少に伴う若者の市外流出、雇用の場の減少、医療福祉に対する不安など島原市を取り巻く現状は厳しいものがあります。このように地方が苦しい声を上げる中、国が推し進めている地方創生、これは島原市にとって活力を取り戻すチャンスであると考えております。私 大場博文は地方創生をバネとして、市民のみなさまと共に考え、共に行動し、このような問題の解決にあたりたいと考えております。
引き続きみなさまのご指導、ご支援を賜わりますようお願い申し上げます。

                                                  長崎県議会議員 大場博文

 
略歴  

昭和40年 島原市生まれ
昭和59年 長崎県立島原高等学校卒業
平成元年 明治大学政治経済学部卒業
平成7年  島原市議会議員(29歳)初当選
平成21年 第27代島原市議会議長就任
平成23年 島原市議会議員5期目当選
平成23年 自由民主党長崎県連青年局長就任
平成27年 長崎県議会議員(49歳)初当選

  現職  

自由民主党島原支部総務会長
明治大学校友会島原半島支部長
島原市水泳連盟顧問

  元職  

自由民主党長崎県連青年局長
島原市立第二中学校育友会会長